Top biji news diary map mail


line


 
 
 
 
  address news






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


biji
営業時間 12:00-18:00
定休日  月曜日 




  

line
diary



2015 12 30,wednesday

年末恒例の床のワックスがけを終えて、今年の仕事納めとなりました。
普段はよく見えない場所をお掃除すると、店内あちこちにほころびが見つかり、
11年という年月の経過をしみじみと感じます。

変わらないコト、変えたいコト、続けたいコト、終わりにしたいコト…
来年が、今年よりもまた少し成長出来る年にしたいと思います。

みなさま、今年も一年ありがとうございました。
2016年がより良い年でありますように…。

                      biji スタッフ一同






2015 12 21,monday







kinako cafe + biji のクリスマスカフェ、
オープンからたくさんのお客さまにおいでいただきました。
クリスマスの音楽が流れる中、美味しそうな香りが漂う店内、
カフェのお席からは話し声や笑い声が聞こえてくる…
そんなカフェの雰囲気を久しぶりに感じながら、楽しい二日間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。
また次回を楽しみに。




2015 12 07,monday


『Christmas cafe』 kinako cafe × biji

12/19(sat)・20(sun)に行われるクリスマスカフェのランチメニューが決まりました!
 
上の写真の【Christmas ランチプレート】 25食限定
 ・根菜ミートのドリア
 ・お豆のスープ
 ・冬野菜のミートローフ
 ・トマトソースのペンネ
 ・アボカドディップのポテトサラダ
 ・カリフラワーのピクルス
 ・バルサミコドレッシングのサラダ

その他にも3つのスイーツをご用意してお待ちしております。

2015 12/19(sat) 20(sun)
11:00 - 19:00
biji2F





2015 12 06,sunday

 1296yen
寒いこの季節になるとお目見えする灯油ランプ。
アンティークではありませんが、レトロ感のある雰囲気は心もほんわかさせてくれるアイテム。
この季節のギフトとしても喜んでいただけそうです。




2015 11 30,monday


 w550×d370×h1060 / 59400yen

懐かしさが漂う古いガラスケース。12の部屋に仕切られたケースの中には、
飴とかおせんべいとか、たくさんのお菓子が詰まっていて…
覗き込む子どもたちの目にはさぞかし美味しいそうに映っていたのでしょうね。
中のガラスの棚板が傾斜しているので、実用的とは言えませんが、
とても雰囲気のあるガラスケースです。




2015 11 17,tuesday



「workshop スプーンを作ろう」

先週行われました暮らしのカタチでも、可愛いスプーンをたくさん展示してくださった
木工作家 中山ヤスヒトさん。
前回のバターナイフ作りに続き、今年2回目となりますワークショップが開かれます。

日にち 12/12(土)13(日)
時 間 13:00-17:00 
定 員 各回5名
参加費 2,500円(お茶とお菓子がつきます)

*ご参加には滑り止めのついた軍手をお持ちください。

お問い合わせ・お申込みはbijiまで 024-535-7716





2015 11 13,friday



2Fスペースで開催されました「暮らしのカタチ」が無事に修了いたしました。
撤収が終わり、カランとしてしまった空間が何だか少し寂しく感じられます。

期間中はたくさんの方々においでいただき、ありがとうございました。
私自身も、作り手の方々とお話する事が出来たり、
暮らしのカタチのハガキを見て、初めてご来店いただいたお客様との出会いがあったりと、
新鮮な気持ちで一週間を過ごすことが出来ました。

また、次回の開催をたのしみにしたいと思います。







2015 11 05,thursday

「暮らしのカタチ」
カタチプロジェクト+東北の手仕事

明日からいよいよ始まります。
bijiの2Fには7人の作家さんの作品が並び、いつもとはちょっと違った雰囲気を楽しんでいただけると思います。

今回素敵な作品を出展いただける作家さんをご紹介します。


中山ヤスヒト (木工)/福島 …12月にはワークショップを予定しています。


kegoya  (かご)/山形


大谷房子 (染織)/愛知


Haze (和ろうそく)/埼玉


遠藤マサヒロ (木工)/神奈川


mauve 山本葵 (アクセサリー)/長野


studioカラン (陶磁)/東京
 
暮らしを彩る魅力的な作品がたくさん並ぶ一週間。
ぜひ、お出かけくださいませ。






2015 11 04,wednesday



グランマストール salvia × 遠孫織布

北欧のおばあちゃんがしているようなストールをイメージして作られた綺麗なストール
織りの産地兵庫県西脇市で作られています。さらっとしていて、でも暖かくやわらかな感触で、
ぐるぐる巻いたりふんわり掛けたり。春・秋・冬と暮らしの中でたくさん楽しめるストールです。
今シーズンはシングル、ダブルに加えて使いやすいハーフサイズも登場です。

cotton80% wool20%
ハーフ 32×145㎝/4860yen シングル 45×200cm/8100yen  ダブル 90×200/12420yen




2015 10 23,friday



暮らしのカタチワークショップのお知らせ

「Flower-植物のボタンを作るー」
studioカランさんを講師にお迎えして、花や葉っぱなど植物モチーフの可愛いボタンを5つ作ります。
制作したものは焼成してからお送りいたします。
ご参加お待ちしております。

・日にち ①11/6(金)15:00~  ②11/7(土)13:00~
・場 所 biji2F
・参加費 2000yen
・定 員 各回4名

お申込み・お問い合わせはbijiまで 024-535-7716





2015 10 06,tuesday



足もとがひんやりと感じる季節になりましたね。
今年もウールのあったか靴下が並びました。
色も柄も可愛くて、最初の一足をどれにしようかと迷ってしまいます…。
それから、これからの季節の定番French bullの冷え取り靴下セットも入荷しています。
今年は冷え取りを始めてみようという方に、
そして足の冷えを気にされている方へのプレゼントにもぴったりのセットです。





2015 09 20,sunday


2013 erigraph写真撮影会より


【erigraph写真撮影会のお知らせ】

1年ぶりとなるerigraphさんの写真撮影会を開催します。
今年の春、福島から少し遠いところにお引越しをされてしまい、
なかなか会えなくなってしまいましたが、久しぶりに再会出来ることを
私たちも楽しみにしています。
ご家族での撮影はちろん、お友達どうしや、もちろんお一人でも。
erigraphさんならではの素敵な空気感で記念のお写真を撮られてはいかがでしょうか。

事前のお申込みが必要となりますので、お問合せ・お申込みはbijiまでお願いいたします。


・日にち 11/14(土)・11/15(日)
・時 間 11/14(土) : 12:30〜 13:00〜 
13:30〜 14:00〜 14:30〜 15:00~
     11/15(日) : 11:00〜 11:30〜 12:00〜 12:30〜 13:00〜 13:30〜 14:00〜 14:30〜 

・場 所 biji2F
・金 額 10,000円(+送料510円)
 
撮影時間は15~20分
お渡し枚数は20枚程度
CD-Rに入れてデータをお渡しします。

撮影はすべてデジタルカメラによるスナップ写真となり、
自然光での撮影がメインとなります。


お問い合わせ・お申込みはbijiまで。
024-535-7716




2015 09 18,friday


もともとは自宅で使うコーヒーサーバー用にと作ってもらったコースター。
今では毎日活躍してくれています。
古いチーク材の小さな端材を利用して作る板は、厚さなども少しずつ違いますので、
お好みのものをお選びください。
サイズは□11cm□13cm□16cmと3つご用意しました。
小さなサイズはマグやグラス用に。大きなサイズはポットを置いたり、カッティングボードとしても
お使いいただけそうです。
ちなみに我が家では、サーバー用に真ん中のサイズのものを使っています。



2015 09 09,wednesday



28080yen



天板を開けると、中がマス目に仕切られている、ちょっと変わったライティングテーブル。
少し斜めになっている天板の下のところにはペン受け?のストッパーがついているので、
お気に入りの絵本や雑誌などを飾っても絵になります。




2015 09 02,wednesday



1か月ぶりの更新になります。。。

ずっとぐずついていた空も、今日は青空をのぞかせてくれて、
この時期らしい暑さを久しぶりに感じています。

Facebookや最近ではinstagramも始め、そちらでは少しずつ商品のご紹介などはしておりましたが、
HPがご機嫌をそこねてしまい、UPが出来ないという状況にありました。
改善しようという努力を怠っていたことも否めないのですが…。

ということで、久しぶりに商品のご紹介です。
今日は、salviaさんから届いた可愛い小道具ばこ。
エンボス加工で彩ったストックボックスは、こまごましたものをまとめてしまったり、
素敵なモノをしのばせてプレゼントにしたりと、いろいろと使えそうです。
同じ模様のエンボスカードはしっかりとした厚みもあり、ちょっとした贈り物にそえるのにぴったりです。






          line 
 
 
<<         2015.09      >>   
 
 


  • Copyright(c)2007 biji All right reserved.